Feather Halloween Wreath Tutorial

How to make a wreath Craft that is useful, spooky, and festive is easy as 1-2-3 with this DIY Halloween Wreath tutorial!  All of the supplies needed were purchased in one store, Michael’s.  Don’t you just love one stop shopping?  The best part is that you can make it in under 5 minutes.  Seriously!  Get into the spirit of Halloween with this festive Halloween wreath!

Feather Halloween Wreath Tutorial

Materials Needed

Materials

  • Black feather wreath
  • Styrofoam Skull (Michael’s seasonal section)
  • Styrofoam Pumpkins (Michael’s seasonal section)
  • Ribbon
  • Greening Pins

Instructions for Feather Halloween Wreath

Halloween Wreath

  • Use greening pins to secure feathers and pumpkins to feather wreath.  I used toothpicks to attach the skull.

IMG_4698 2

  • Tie a ribbon on the wreath.  Voila!

IMG_4716

And that’s how I made an easy peasy Feather Halloween Wreath that’s the perfect accent Halloween decor. Happy Crafting!

Other Easy Crafts

Comments

  1. 1

    says

    That is pretty awesome! I tried to make a wreath for Christmas last year… Didn’t turn out that great, but I sure enough hung it up with pride! ha ha ha
    Hope yall are doing great!

  2. 4

    says

    [url=http://www.ooobag.com/wallet/louisvuitton/index_6.html]スーパーコピーブランド完璧な品質●在庫情報随時更新!(*^-^*)S/SS品質 シリアル付きも有り付属品完備! 全物品運賃無料(日本全国)不良品物情況、無償で交換します.税関没収する商品は再度無料で発送します.安心して、安全に引き渡します.偽物カルティエスーパーコピー商品広大な客を歓迎して買います!ブランドバッグブランド財布ブランド腕時計[/url]

  3. 5

    says

    [url=http://www.ooowatch.com/tokei/vuitton/index.html]財布のコピー 時間を発表しますとても長くてとても長い前、人類はすべて更に赤く双足は歩いています。1人の国王はある辺鄙で遠い田舎の旅行に着いて、路面がでこぼこなため、とても多くてばらばらな石があって、刺すのは彼の足を得ます痛くてしびれます。王宮に帰った後に、彼はおりていっしょに命令して、国内のすべての道はすべて一層のほらに敷きます。彼はこのようにすると思って、自分になって、また彼の人民に幸福をもたらすことができて、みんなを歩かせます時もう受けて痛い苦しみを刺しません。たとえしかし最も国内のすべての牛を殺しますとしても、十分な皮革をも調達しきれないで、費やした金銭、使用する人力、更にはかりしれません。まったくできないが、甚だしきに至ってはまたかなり愚かで、しかし国王の命令なため、みんなも頭を振ってため息をつくことしかできません。1人の聡明な召使いは大胆に国王に提案を出しています:「国王!どうしてあなたは大勢の人を動員して、そんなに多い牛に命を捧げて、そんなに多い金銭を費やしますか?あなたは何は両の小さいほらであなたの足をしっかり包むだけではありませんか?」国王が聞いたのはとても驚いて、しかしもすぐ悟って、そこですぐに命令を取り消して、この提案を新たに採用します。聞くところによると、これは「革靴」の由来です。世界を変えたくて、難しいです;自分を変えて、比較的容易です。全世界を変えるよりも、先に自分の–「自分の双足を包みます」を変えるほうがいいです。自分のいくつかの観念と方法を変えて、外来の侵略を防ぎ止めますで。自分で変えた後に、目の中の世界の自然はすぐ引き続き変えました。[/url]

  4. 6

    says

  5. 7

    says

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *